2014.02.19

20140219.jpg

ショックです。
本当にショックです。

去年末に自分への一年のご褒美として買ったお茶碗。

大好きな濱田高滋さんの金魚のお茶碗が割れました。

いや、割られました。

娘に。

今一番お気に入りの食器だったのに。
うまく消化出来ない。

ああ、朝見た占い。
そういえばガッカリスだった。

ショックすぎて動けない。。。。

2014.01.17

20140117.jpeg

明けましてるね
おめでとう
とうに元日も過ぎてますが、無精者なんでごめんなさい。

お世話になったスタジオがね、一つ幕を閉じました。

何故かなあ。
年の瀬や年始というのは、人が決めた合図にすぎないのに。
命の終わりも、人生のスタートも、多く語られる気がする。


「巨星墜つ」

そんな風に感じるようになったのは最近だな。
最初は世紀末だ!
なんて怯えていたけど違うよな。

私が歳をとったんだ。
私の生まれたこの時代のスター達が、先輩たちが、一足先にドロンしたに過ぎないんだよ。
悲しいけれど、憂うことじゃない。

私の歌を刻んでくれたスタジオ機材も、
そのまま廃棄されるものもあるだろうけど引き取り手があるものもあるという。
ニヒルなあの人も、珍しく彼等の行く末を案じて悲しそうだったけど。
すべて終わりじゃない。
ありがとうって言って、まだ走れる人間は走らなきゃね。


わたし。
本当に頑張ったことがない。
だから走ってみなきゃ。

「世界をかえるつもりはない」

そんな曲を年の瀬に歌った。
どうした安藤?
見苦しいぞ。

そんな風に感じた人もいるかもな。
でもいいよ。
この曲は汗水鼻水垂らして歌う曲。
今までのうのうとやってきた私の決意表明なんだろうか?

どうにもならないこの世の中を。
変わりゆく時代を。
失われる幻のような平和を。

悲しまないでください。
あなたはあなたのままで居て下さい。
夢なんて叶わなくていい。
命を終えるその日まで、
ガムシャラに掴めぬ星を見上げ、走り続けて居て下さい。

私はあなたの為にこの曲を歌うから。

2013.12.18

ふう。
夜中に一人でクリスマスツリーを飾り付ける。
ゴチャゴチャになってしまうのが自分らしい。

今日はスタジオ夕方からだったので、買えてなかったツリーを駆け込みで買いに。
すると7、8年ぶりにややこさんに遭遇。
お久しぶりですねー!
なんてお話をしながら、お互いツリーを物色。
最近のツリーはアップサイドダウンが流行ってるとかでそんな展示品も。

なかなか生木も憧れるけど難しい。

彼女のお家ではお子さんが環境に悪いから
生木はやめようと申し出たため今年から作り物にするんだとか。


年の瀬にこうやってお久しぶりな方に出逢えると、一年生きたのだと実感できる。

更にスタジオ作業が早く終わったので、中野裕通さんとも夜お会いできた。

久しぶりな人々に会えるってとっても嬉しい。


レコーディングも続きますがいよいよ今年最後のライブが待っている。
人前に立つ心の準備をしなくては!

バンドライブとは打って変わってのセットリスト。
ああ!

© DG AGENT CO.,LTD.