mille books『コーヒーと小説』カバーモデルに起用!

    10/1(コーヒーの日)発売、徳島の人気焙煎所アアルトコーヒー庄野雄治が、
    コーヒーによくあう“すこぶる”面白い短編小説10編を厳選した「コーヒーと小説」の
    カバーモデルに安藤裕子が起用されました。
    ぜひチェックしてください。

    coffeetoshosetsu

    「コーヒーと小説」
    2016年10月1日(コーヒーの日)発売
    庄野雄治 編/mille books
    定価 本体1,300円+税  ISBN978-4-902744-83-5
    http://www.millebooks.net/info.html

    ◎掲載作品(掲載順)
    「グッド・バイ」太宰治、「桃太郎」芥川龍之介、「水仙月の四日」宮沢賢治、「日記帳 江戸川乱歩、
    「鮨」岡本かの子、「愛撫」梶井基次郎、「七階の運動」横光利一、「嫉妬する夫の手記」二葉亭四迷 、
    「野荻 久生十蘭 、「夜長姫と耳男」坂口安吾

    ◎庄野雄治(しょうの・ゆうじ)
    コーヒー焙煎人。1969年徳島県生まれ。大学卒業後、旅行会社に勤務。2004年に焙煎機を購入しコーヒーの
    焙煎を始める。2006年徳島市内に「アアルトコーヒー」を、2014年同じく徳島市内に「14g」を開店。
    著書に『誰もいない場所を探している』、『徳島のほんと』(福岡晃子との共著)、『コーヒーの絵本』(平澤まりことの共著)、
    『はじめてのコーヒー』(堀内隆志との共著)、『たぶん彼女は豆を挽く』がある。